posted by anonymoususer @ 21:31 PM
<2013/05/30>

輸送機械というのはおもに、鉄道、自動車、産業車両、船舶、航空機などにわけられます。
そして読んで字のごとくいろいろな物や人を運ぶ手段として便利につかわれていて、私達の生活と深いつながりを持っています。
このような輸送機械が誕生するきっかけとなったのは、18世紀から19世紀にかけてイギリスに端を発した産業革命であるといえます。
製鉄の技術の発達により工業機械がつくりだされ、鉄をつくるためのさまざまな原料やできあがった鉄製品は、重くて頑丈なためそれらを効率よく運ぶのに鉄道が誕生しました。当初、鉄道の動力源は石炭をもやした蒸気の力でした。
その動力源は船舶や自動車に応用され新たな輸送機械がうまれていったのです。やがてその動力源のエネルギーは蒸気から石油、つまりガソリンなどへと移り変わっていきました。 鉄道は前述しましたが当初、重い物やたくさんの製品を運んでいましたが、そのうち人をのせて運ぶようになりました。
日本国内においては物資よりも人の輸送の割合がふえて、貨物のほうは自動車にとって代わろうとしていますが場所によってはいまでも鉄道輸送のほうが便利な地域がのこっています。
自動車は人を運ぶ乗用車、バイクなどの二輪車もふくまれます。
最近では自転車も自動車とみなされています。
物を運ぶトラック、トレーラー、建築現場での作業や運搬に適したダンプカー、倉庫の中での作業に便利なフォークリフトなどは産業車両としての自動車になります。輸送機械のなかでは目的に応じてさまざまに活躍していて、もっとも目にするものといえましょう。船舶にはタンカーやコンテナ船、人と物をいっしょに運ぶフェリーなどがあります。航空機は人や物を最も効率よく運んでくれる輸送機械といえるでしょう。
陸路や海路で何日もかかるところを、うんと短縮してくれます。 このように人間の知恵と知識によって格段な効率の向上と便利さを手にいれることができ、繁栄をもたらしたのですが、これを継続するためには動力源であるエネルギーの燃費性能を考えなくてはなりません。輸送機械の発達にはあらたなエネルギーの開発に余念がありません。